知らなかった!トイレが詰まってしまうこれだけの原因

トイレに流してはいけない物を流してしまう

少し大きめの固形物であっても、トイレに流してしまえば大丈夫と考えて流してしまう人は多いですよね。最近では、トイレに流す事のできる猫用のトイレ砂などといった物も販売され始めたんですよ。しかし、いくらトイレに流す事が出来ると商品に書いてあったとしても、水量や配管によっては流してしまうと簡単に詰まりを起こしてしまう場合も少なくないでしょう。これらの固形物は必ずごみ箱に入れて処理をする心がけが大切と言えますね。

トイレットペーパーを過剰に利用してしまう

トイレで大便をする時に、必要以上にトイレットペーパーを利用し、それを一気に流してしまう人は多いですよね。しかし、トイレのタンクの水量は大量の固形物を流すのに丁度良いようには作られていないんですよ。つまり、最適な大便の量とトイレットペーパーの量を超えて水を流してしまうと、簡単にトイレが詰まってしまうんですね。こうした事を防ぐためにも、多くの固形物を流す必要がある場合には何度か小分けにして流すなどの工夫が必要ですね。

トイレの水量をコントロールしてはいけない

最近では、節水への取り組みからタンク内部の水の量を出来るだけ減らす事によって一回に流す事の出来る水の量を減らそうとする人が多いんですよ。例えば、タンクの中に石などを詰める等の方法がそれに当たりますね。このような節水を行ってしまうと必要な分の水が流れなくなってしまうばかりかタンク内が傷付いてしまったり、最悪の場合タンク自体が破損してしまう可能性すらあるでしょう。トイレのメーカーの作った商品に対してむやみに手を加えない事がトラブルを回避するための一番の方法ですね。

トイレの水漏れは突然起こるのでどう対処していいのか困ります。そんな時に24時間いつでも対処してくれる修理請負サービスがあります。