自分でトイレの詰まりを解決する前に知っておこう

トイレの詰まりで作業前にやっておくこと

あれ?どうしたんだろう、いつもより水量が多い、高い位置、水を流しても流れない?これはまさかのトイレの詰まりが原因です。そうなると正直焦ってしまうので、いったん落ち着いて対処をする準備に取り掛かりましょう。そして作業をする前にやっておきたいことで、センサーに反応して水が出ないようウォシュレット電源を切っておきましょう。またトイレタンクのレバーを捻るだけで水が出てくる仕組みになっているので、流れる水を増やさないように止水栓を閉めておくことが大事です。

トイレの詰まりの作業を始めてみる

トイレの詰まりを直す作業に入る前に、まずトイレの床に新聞紙を敷き詰めておきましょう。ラバーカップを使う前にトイレの中の水位が、半分くらいになるのを待ってから使います。水を送り込むようにカップを少しずつ押して、押せなくなったら引っ張ります。引くときは、便器から離さないようにカップをフチに付けて、それで水が流れれば解消ですが、それでも改善が見られない場合には、専門の水道業者に相談するようにしましょう。

そもそも何で詰まるの?予防法はあるの?

そもそも何でトイレの詰まりが起きるのか?その理由には、第一にトイレットペーパーの絡まりで詰まってしまうケースがあります。またトイレタンクの水量はそれぞれ違いがありますが、連続して流したり、便の量が多かったりなども関係しているようです。詰まらないために予防をするならトイレットペーパー使用量が増えそうなときは、二回に分けて流す。使用後にすぐトイレに入るなら一度水が流れ終わるのを待つことでトイレの詰まり予防をすることができます。

突然のトイレ詰まりに備えて、ラバーカップを準備しておくのがお勧めです。詰まった時、まずはラバーカップでやってみて、それでも解消しなかったら、業者に連絡しましょう。